太陽光発電の導入に必要な各設備や工事の値段

最近何かと耳にする太陽光発電についてですが、実はかなり前から存在はしていました。
しかしその導入費用の高さや発電量の少なさ等を理由に敬遠されていた模様です。
最近は技術革新や制度の見直しなどによって、利用者にとってはかなり条件が良くなってきました。
うちもそろそろ等と考えてきた方は、時期的に良いタイミングとなるのではないでしょうか?
まず問題の値段についてですが、最も高価なのが太陽電池モジュールでして、仮に3.5kWシステムを20枚だとすると140万円もかかります。
そしてパワーコンディショナーが23万円、発電モニターが5万円、リモコン・ケーブル等が2万円程度でしょうか?
その他設置架台や架台工事費が19万円、太陽電池モジュール設置工事費が16万円、電気配線工事が11万円として、合計で216万円ほどかかることになります。
最も高価なのが太陽電池モジュールですが、4kW~5kWを希望される方もいるので、その場合の価格はさらに上がることでしょう。
相変わらず高価ですが、現在は国・県・市区町村等が多額の補助金が出ているので安心です。
補助金の額についてはその地域によって異なるのですが、仮に東京都青ヶ島村ですと国や都から最大16万円の補助が得られますが、残念ながら青ヶ島村に制度はありません。
しかし同じ都内の千代田区ではなんと最大40万円もの補助金がでており、合計で56万円もの補助が受けられる様になっています。
補助金制度にはこのように地域によって大きな差が付いており、さらに期間も設けられているので、こればかりはもう天に運を任せるしか無さそうです。
まずはご自分の地域について調べてみてはいかがでしょうか?
そしてもう一つ重要なのが復活した余剰電力買取制度になります。
これは、太陽光発電設備で発電された電力のうち、余った分を電力会社が買い取ってくれるという便利な制度です。
価格も以前に比べて2倍近くとなっており、これまでより元を取るのが早まると思われます。
以上の様に、太陽光発電の導入はかつてと比べてかなりハードルが下がっているので、興味のある方は是非一度検討してみて下さい。

気功 東京
気功』って興味はあるけど一歩が踏み込めない方。 心の悩みやお身体の不調を感じている方。 お気軽にお問い合わせ下さい